肝臓が原因の口臭かな?と気になることはありませんか。

加齢+生活習慣や内科系の病気(肝臓が原因の口臭)を原因として、気になるニオイが発生するときがあります。

体調不良が続くときに、口の気になるニオイを感じるときは、内科系の病院でチェックしてもらいましょう。

口臭予防はエチケットとしても大切ですね。

口の気になるニオイは、内科系の病気のサインの場合もあります。

不快臭が気になるときは、本当にニオイがあるのか自分でチェックしてみませんか。

口内の不快臭か、それとも内科系の病気(肝臓が原因の口臭など)を原因としたものか、早めに原因を調べて改善することが大切ですね。

不快臭を自分でチェックする方法にはいろいろあります。
一般的に行われている方法を紹介します

口臭チェッカーを使う方法

口臭チェッカーを過信してはいけませんが、不快臭を調べるのには簡単で便利です。
口内を原因とするニオイと、内科系の病気(肝臓が原因の口臭など)を原因とするニオイに使えます。

デンタルフロスを使う方法

奥歯などにデンタルフロスを使ってみましょう。
糸の部分に色や不快臭があるときは要注意です。
デンタルフロスは、口内を原因としたニオイを調べる時に役立ちます。

ガーゼを使って舌苔(ぜったい)の不快臭を調べる方法

口内の不快臭の原因の多くは舌苔(ぜったい)が原因だといわれています。
舌苔(ぜったい)が多いときは要注意です。
ガーゼを使ったチェック方法は、口内を原因としたニオイを調べる時に役立ちます。

ガラスコップに息を入れる方法

生理的口臭や内科系(肝臓が原因の口臭など)などを原因とする不快臭をチェックするのに便利です。

肝臓が原因の口臭と生活習慣

肝臓が原因の口臭はどうして発生するのでしょうか。

生活習慣や食習慣を原因として、肝臓が原因の口臭(不快臭)が発生することがあります。
肝臓が原因の口臭(不快臭)は、病気や生活習慣・食習慣+加齢の組み合わせで発生することもあります。

次に、生活習慣・食習慣+加齢の場合の、肝臓が原因の口臭(不快臭)の概要を紹介します。

肝臓の働きが衰えると、ニオイの元の物質が分解されないので不快臭が発生することがあります。
肝臓が正常に働いている時は、ニオイの原因となる物質は正常に分解するのでニオイが発生することはありません。

年齢を重ねるとともに体の新陳代謝は衰えます。
肝臓が原因の口臭(不快臭)が気になるのは、中高年頃からが多いようです。

多くの場合、若いときは肝臓が原因の口臭(不快臭)は発生しません。
肝臓の働きが悪くなる中高年になってから、気になるニオイを感じることが多いようです。

原因は、飲酒による内臓負担・生活習慣の乱れ(喫煙やストレスなど)による負担・食生活の乱れによる負担・生活習慣病を原因とした衰えなどです。

肝臓が原因の口臭(不快臭)が気になるときは、内科系の病院で検査することが大切です。
健全な生活習慣・食習慣を心がけて、肝臓を元気に保つことが大切です。

目次


    骨盤ダイエット エステ 大腰筋 芸能人人気の基礎化粧品 通風とクエン酸 植物性プラセンタ 動物性プラセンタ メンズエステ ブライダル 薬用トゥースメディカルホワイト 口コミ 口内 ウォッシュ 人気 セラミド ドリンク ラメンテ オーロラシューティカルg ゴールド プラスロン化粧品 VPS