妊娠が原因の口臭(不快臭)に悩まされている人も多いようです。
妊娠が原因の口臭(不快臭)は、妊娠による食生活の変化や体調の変化が影響しているようです。

つわりや特定の食べ物が気になることで、食生活が変化します。
例えば、酸っぱいものばかり食べたくなる人や、甘いものが大好きになるなどです。

妊娠期間中は、食生活の変化に加えて口内環境も微妙に変化します。

妊娠が原因の口臭は、赤ちゃんができた女性には起こりやすいものです。
一人で悩まないで、病院で相談すれば解決できます。

妊娠が原因の口臭(不快臭)の理由をいくつか紹介します。

虫歯と妊娠が原因の口臭(不快臭)

健康な歯が酸で溶かされると虫歯になりますね。
虫歯になるときの不快臭は、虫歯の菌がタンパク質を分解する時に発生するニオイです。
虫歯菌が歯の神経にまで達すると、歯の根元から腐敗臭がでます。

食生活や口内環境がかわることを原因として虫歯が発生します。
妊娠が原因の口臭(不快臭)は虫歯の時もあります。
妊娠期間中は、虫歯のチェックを怠らないようにしましょう。

歯周病(歯周炎・歯肉炎)と妊娠が原因の口臭

歯周病(歯周炎・歯肉炎)は不快臭を発生させる病気です。
歯と歯茎の歯周ポケットにたまった汚れを、歯周病菌が分解して溶かします。

歯周病菌が汚れを溶かすときに、メチルメルカプタンや硫化水素などが発生します。

メチルメルカプタンや硫化水素は、強烈な不快臭ですね。
歯周病(歯周炎・歯肉炎)予防には、歯磨きをシッカリすることが大切です。

妊娠が原因の口臭(不快臭)には、歯周病(歯周炎・歯肉炎)による場合があります。歯磨きをシッカリするように気をつけましょう。

妊娠が原因の口臭と生活習慣・食生活

妊娠の原因の口臭(不快臭)は、生活習慣・食生活を改善することが大切です。
妊娠期間中は、生活習慣や食生活、そして口内環境が変化します。

食生活では、食欲の減退や食欲増進・偏った食べ物・口の中に食べ物が停滞する時間が増えるなどです。

妊娠が原因の口臭(不快臭)が食生活の変化による場合は、口内環境を清潔に保つようにしましょう。

生活習慣では、お腹が大きくなることで歯の調子が気になっても病院に行かないケースもあります。
また、歯磨きをすると気持ちが悪くなるので、口内が汚れやすくなるケースもあります。
口内環境が悪化することで、虫歯や歯周病(歯周炎・歯肉炎)が発生しやすくなります。

妊娠が原因の口臭(不快臭)が生活習慣による場合は多いようです。

母体と赤ちゃんの健康の為にも、歯科治療や歯と歯茎の掃除を徹底しましょう。

目次


    コンシーラー 肌荒れ 妊婦 コラーゲン ドリンク 必須アミノ酸 血圧 黒酢 尿酸 高橋ミカ 腹巻き 石けん 雑誌 子供    除毛 クレオパトラ化粧品 コラーゲン 芸能人美容飲料 プラチナゲルマローラー 芸能人 VPS