便秘は口臭(不快臭)の原因になることもあるようです。
便秘は腸の働きが悪い場合や、腸内環境が悪化した時に発生します。

腸の働きや腸内環境悪化は、便秘を発生して口臭(不快臭)につながります。

腸には、消化・吸収・合成・代謝・解毒・造血・免疫などの働きがあります。
腸の働き(消化・吸収・合成・代謝・解毒・造血・免疫)が悪くなると、不健康な状態になります。

不健康になると、体や口に不快臭が発生しやすくなります。
便秘による口臭(不快臭)が心配な人は、腸内環境を改善することが大切です。

大便の約1/3は細菌だそうです。
腸内の細菌には、善玉菌と悪玉菌の2種類があります。

善玉菌は、体を健康に美しく保つ細菌ですね。
善玉菌では、ビフィズス菌や乳酸菌が良く知られています。

悪玉菌の中には、発がん性物質や成人病などの健康障害を発生する毒素をだす種類もいます。

腸内に便が長期間滞留すると、腸内環境が悪くなります。
腸内の善玉菌よりも悪玉菌の量が多くなり、腸内の悪玉菌が健康障害を起こす毒素をだします。

便秘を原因とした口臭(不快臭)で気をつけなくてはいけないのは、腸内環境の悪化による体調の悪化です。

不健康な状態が続くと、便秘による口臭(不快臭)だけでなく、病気に発展します。
腸内環境の改善対策をして、便秘・口臭(不快臭)の元をなくしましょう。

便秘による口臭対策

便秘が習慣化して口臭(不快臭)があるときは、腸内環境の悪化を原因として体調が悪化している可能性が考えられます。

善玉菌が減少して悪玉菌が増加すると、腸の働き(消化・吸収・合成・代謝・解毒・造血・免疫)が衰えます。

生活習慣と食生活の改善が大切ですね。

便秘のときに口臭(不快臭)が発生しているときは、腸の働き(消化・吸収・合成・代謝・解毒・造血・免疫)が衰えていることに気をつけましょう。

生活習慣の改善対策では、快眠・ストレス発散・適度な運動が効果的です。

食生活の改善対策では、乳酸菌やビフィズス菌を含む食品を食べる。
食物繊維が多い栄養バランスがとれた食事にすることです。

便秘と口臭の改善は、生活習慣と食生活の改善が大切です。

目次


    クロロフィル 消臭 トッカ リッチボディ-クリーム ステラ プラチナゲルマローラー 芸能人 超音波美顔器 口コミ 青汁 国産ケール 安価 ロズマリン酸 作用 乾燥肌 にきび おすすめ 化粧品 bglen 安全 口臭 人気 対策 化粧品 芸能人 愛用 VPS