副鼻腔炎は口臭(不快臭)と関係があります。

蓄膿症と呼ばれる慢性副鼻腔炎による口臭があるときは、鼻漏・後鼻漏・鼻閉・頭重感・頭痛・嗅覚(きゅうかく)脱失などの症状がある場合も多いようです。

蓄膿症(慢性副鼻腔炎)の場合の口臭(不快臭)は、独特の鼻臭・異臭です。
他の口内の不快臭と違って、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)の場合の口臭は分かりやすいですね。

蓄膿症(慢性副鼻腔炎)には口臭の他にも、次のような症状がでます。

  • 黄色や黄緑色の鼻汁がでる
  • いつも鼻をグズグズさせている
  • 鼻汁の量が多く、鼻汁をかむ回数も多い
  • 鼻詰まりで口をあけていることがある

家族に、以上のような症状と不快臭があるときは、蓄膿症の疑いがあるかもしれませんね。

蓄膿症(副鼻腔炎)による鼻汁や口臭などの症状は、家族のことをシッカリ見ているお母さんが発見するケースが多いようです。

蓄膿症は、症状により不快臭がある場合とない場合があります。
蓄膿症(慢性副鼻腔炎)になると口臭で悩まされるとは限りません。
蓄膿症(慢性副鼻腔炎)による口臭(不快臭)が心配な時は、耳鼻咽喉科で不快臭の診察・相談をオススメします。

蓄膿症体質の人は、日常生活では次のようなことに気をつけると良いそうです。

  • 風邪の予防をする
  • 手洗い、うがい、睡眠に気をつける
  • タバコを控える
  • 鼻を強くかまないようにするなどです

副鼻腔炎と口臭と食生活

慢性副鼻腔炎になると、口臭だけでなくいろいろな問題が発生します。
生活習慣や食生活に気をつけて、蓄膿症(慢性副鼻腔炎)を原因とした口臭(不快臭)をおこさないようにしましょう。

漢方では食生活で次のようなことに気をつけるとよいと言われています。

  • 脂っこい食事を控える
  • 甘いものを控える
  • 果物は食後に少し食べる程度にする
  • アクの強い食べ物は避ける
  • 加工食品を使った食事は避ける

食生活で気をつけるだけでも、蓄膿症の改善ができるそうです。
詳しいことは、漢方薬店で薬剤師に相談すると良いですね。


目次


    プラセンタドリンク セレブ マスカラロングつや ニキビ専用石鹸 NOnA 化粧品 芸能人 愛用 100カロリー以下のダイエットフード 日焼け対策サプリメント オーガニック ファンデーション 口コミフラーレン 配合 黒豆 酢 黒酢 尿酸 VPS