口腔ケアアセスメント

口腔ケアアセスメントと言うのは、広い意味での栄養アセスメントのひとつと言えます。栄養アセスメントとは、医師や看護士、栄養士と言ったスタッフだけでなく、歯科医師や口腔外科医なども含めた全科的なスタッフにによって構成スタッフで、患者の栄養管理を行い、患者の栄養状況の改善を図る指針と言えます。

スポンサードリンク


口腔ケアアセスメントは口腔外科医もしくは歯科医によって、虫歯や歯槽膿漏などによって口腔の正常な機能が阻害されないように、予防や改善をすることで健康状態を維持増進を図ることと言われていますが、栄養アセスメントにとっては栄養の分析評価とともに、実際の栄養補給の方法を決める上での重要な要素と言えます。


本来は栄養アセスメントの中で、口腔ケアアセスメントにより食事や栄養素の摂取方法が選択されていきますが、特に高齢者などの顎部の筋肉や歯の欠損がひどい場合は、口からの食物摂取が困難になり、点滴や中心静脈栄養法などが用いられますが、最近は口蓋ケアアセスメントを歯科の予防医学的な立場から、独自のものとして行われる事も多くなりました。


歯科による口腔ケアアセスメントは、虫歯や歯周病、口臭などの歯科疾患だけでなく、口腔内疾患として口腔乾燥・口内炎・カンジダ症・誤嚥性肺炎などにも配慮されますが、最終的には食欲を増進させる事が目的であり、そのための諸問題を解決するのが本来の方法と言えます。

口腔ケアには幾つかのジャンルがあり、それによって口腔ケアアセスメントの目的が異なり、方法も異なってきます。口腔ケアのジャンルを大きく分けると、口腔衛生アセスメント、高齢者用アセスメント、看護アセスメント、介護アセスメントになりますが、栄養アセスメントにおいては全てを包含します。


ただし口腔外科医が単独で行う場合は、口腔ケアアセスメントとして独立したものになりますが、口腔衛生アセスメントとは歯科医などが患者に行う咀嚼や嚥下の問題、食事中に口腔内の乾燥、歯みがきや入れ歯みがきなど問題に対するアセスメントで、普通の歯科医の医療行為の一貫として行われるものです。


高齢者用アセスメント、看護アセスメント、介護アセスメントなどは、対象とする患者が高齢者や疾患を持つ患者、および要介護者への口腔ケアのアセスメントになりますが、食事の改善という観点から栄養士や栄養管理士の行う栄養アセスメントとともに、食事の摂取を促進すると言う意味で、行われるものです。


口腔ケアアセスメントは、口腔内に問題がある高齢者や、高齢者が多い介護現場では、その必要は当然あるモノであり、歯科医や口腔外科医の積極的な参画が望まれています。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

NSTと栄養アセスメント
NSTの栄養アセスメントとはあまり聞きなれない言葉ですが、NSTは「栄養サポート......
ホスピスと緩和ケアの違い
ホスピスと緩和ケアの違いは、日本の医療基準から見た場合と海外やWHO(世界保健機......
栄養アセスメント
栄養アセスメントとは、本来は総合病院などで組織された栄養サポートチームがは臨床検......
栄養アセスメントと身体計測
栄養アセスメントの身体計測は、「NST」と言われる栄養アセスメントチームで、主に......
看護アセスメント
看護アセスメントは看護過程と言われる、看護が必要な患者や病人に、最良、最善のケア......
口腔ケアと舌苔
口腔ケアと舌苔は、今まで歯の汚れや歯石しか注意していなかった人には、意外な気がし......
高齢者の栄養アセスメント
高齢者の栄養アセスメントの策定が、医療分野での栄養アセスメントとは別個のものとし......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

@アセスメント:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.daiichichem.jp/assessment/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。