タバコによる口臭を気にしているお父さんはいませんか?

娘さんや奥さんに、タバコによる口臭(不快臭)を指摘された男性も多いのではないでしょうか。
煙草が好きなために、肩身の狭い思いをしている男性が多いようです。

喫煙習慣は、不快臭だけでなく健康にも害をおよぼします。
若くて健康的な心と体を維持する為にも、禁煙は大切ですね。

タバコによる口臭(不快臭)の原因を紹介します。

ニコチン・タールを原因とした、タバコの口臭(不快臭)

タバコ自体のニオイは、気になるほど強くはありません。
しかし、喫煙時の煙に含まれるニコチン・タールには強いニオイがあります。
ニコチン・タールが歯・歯茎・舌に付着して、タバコによる口臭(不快臭)を発生させます。

ニコチン・タールは髪や服にも付着するので、喫煙者が側を通過すると、喫煙者特有のニオイがしますね。

喫煙者の口内はニコチン・タールで汚れています。
特に歯の裏側は、煙草のヤニで真っ黒になっています。
煙草のヤニが、タバコによる口臭(不快臭)の原因です。

ドライマウスとタバコによる口臭(不快臭)

口の中が乾く状態はドライマウスとよばれます。
唾液の分泌が異常に少なくなると、口の中がカラカラに乾燥したドライマウスになります。
ドライマウスの原因には、ストレス・病気・薬の副作用・妊娠・喫煙などがあります。

喫煙は唾液の分泌量を減少させるので、ドライマウスの原因になります。
また、ニコチンは口の中の血液の循環を悪くします。

タバコによる口臭(不快臭)を防ぐためには、喫煙習慣を改めるのが一番ですね。
タバコによる口臭(不快臭)やドライマウスで悩まされていた人でも、禁煙すればOKです。
禁煙すれば、口内の唾液の分泌量の改善を実感できます。

タバコによる口臭(不快臭)と歯周病(歯肉炎・歯周炎)

タバコによる口臭(不快臭)と歯周病(歯肉炎・歯周炎)には関係があります。
歯周病(歯肉炎・歯周炎)のリスクは、喫煙者と非喫煙者で比較すると大きな差があります。
喫煙者は非喫煙者の、2~9倍の歯周病(歯肉炎・歯周炎)のリスクがあります。

ニコチンと一酸化炭素を原因として、タバコによる口臭(不快臭)が発生します。
ニコチンは口内の血流を阻害します、そして一酸化炭素が口内の自然治癒を妨げます。

喫煙者は非喫煙者と比べて、歯垢や舌苔(ぜったい)が多いことも分かっています
歯周ポケットの数も多いので、喫煙者はタバコによる口臭(不快臭)のリスクが高くなります。

タバコによる口臭(不快臭)が気になる人は、禁煙することを視野に入れると良いかもしれませんね。

目次


    黒酢 効能 尿酸値 骨盤ダイエット エステ 大腰筋 ビーグレン 注意 クエン酸 尿酸 口臭 人気 対策 プラチナゲルマ 安田みさこ 女神の泉 プラセンタマスク 尿酸値 黒酢 黒酢と香醋 冷え性 藤原紀香 VPS